So-net無料ブログ作成

こぎんさんへ

nami.JPG 

この記事を書く気持ちになるまでには、

たくさんのたくさんの時間がかかりました。

そして、また自分がブログを続けるためにも、

この記事を書いて、

気持ちに区切りを付けなければならないと思いました。

[三日月]

数ヶ月前、久しぶりに見つけたこぎんさんの赤いリンゴマークで、

更新に気付いて、訪問したとき、

しばらく私は現実を受け止めることができませんでした。

ご主人様が引き継がれたこぎんさんのブログの記事で、

こぎんさんの訃報を知りました。

しばらくの間、ショックで頭が混乱して、

自分の気持ちをどう整理すればよいのかも分かりませんでした。

[半月]

こぎんさんとは、ブログを始めた当初からのお付き合いでした。

実際にお会いしたことはありませんでしたが、

こぎん節の大ファンになり、楽しく記事を読ませてまらっていました。

写真もお上手で、自然の写真もお料理の写真も、

職業としてカメラマンをされているのかしら?と思える程のすばらしい腕前で、

毎回、写真集を見るような気持ちで楽しみにしていました。

こぎんさんの選ぶ言葉や表現も大好きでした。

様々な知識を豊富にお持ちで、

それを私のような凡人にも分かり易い言葉で説明してくださっていました。

行動力もあって、しょっちゅうどこかに出かけてらっしゃいましたね。

一体いつ休んでいるんだろうか?と思うくらい、

精力的にいろんなところにお出かけされていました。

一方で、お仕事も、お母様の介護もなさっていましたね。

食べたことはありませんが、お料理もプロ顔負けで、

写真を見ただけでも、料亭のような美味しそうなステキなお食事でした。

器のセンスもよくて、季節感溢れる食材を上手にお料理されていました。

時々、レシピを真似させて頂いたりしましたが、

こぎんさんのように素敵に盛りつけることができず、

とても同じものとは思えない有様だったことがしばしばありました。。

[やや欠け月]

私はどんどんこぎんさんのその魅力に、お人柄に惹かれていきました。

恐らく、こぎんさんご自身は、

こんなにも人に影響を与えていたなんて、

気付かれていなかったかもしれませんね。

私のブログ生活の中では、

こぎんさんは、なくてはならない存在の方となっていました。

こぎんさんの記事にコメントを寄せさせて頂くと、

そのコメントに対するお返事が、

またさらに記事以上に心がこもっていて、

いつもありがたく拝読させて頂いてました。

私のつたないブログへも訪問してくださり、

いつも暖かく優しいコメントを寄せてくださっていました。

私は、こぎんさんの言葉に、どれだけ救われてきたことか。。。

辛いときは、心の支えでもありました。。

[満月]

こぎんさんが、いつも精力的に活動されていたのは、

今思えば、生き急いでいたのかもしれないとも思ってしまいます。

短すぎた人生の中で、目一杯、全力投球で生き抜かれたのではないでしょうか。

[やや欠け月]

なんで、こぎんさんだったんだろうって、思ってしまいます。。

こぎんさんじゃなくたっていいじゃないって。。

神様は時としてひどいことをなさる。。 

[三日月]

こぎんさん、

いままで、ありがとうございました。

こぎんさんのこと、大好きでした。

もうこぎん節を聞けないのかと思うと、

胸が締め付けられる思いです。

でも、残されたものの役目として、 

こぎんさんから頂いたたくさん思いやりと励ましを胸に、

これからもがんぱって生きていきたいと思います。

どうか天国で安らかにお眠りください。

ご冥福をお祈りいたします。

さようなら。こぎんさん。

 

こぎんさんの大ファンのぴいより

mugi.JPG


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

やわらぎ

はじめまして。
突然すみません。。
偶然こちらのこぎんさんへの素敵な記事が目に留まり、思わず涙が…。
私もこぎんさんには優しく接していただいた一人です。
これだけ皆さんが心を痛めているというのは、こぎんさんの心遣いがどこまでも行き届いていたのだなあと改めて思います。
私は今でも悲しくて油断するとうるうる来てしまうのですが…。

ぴいさんの記事をあっちで読んで、ちょっと照れながらも喜んでくれているはずですよ。
ありがとうございました。
by やわらぎ (2012-07-05 19:40) 

ぴい

☆やわらぎさん
はじめまして。ご訪問&コメント頂き、どうもありがとうございます。
こぎんさん、皆さんから慕われていましたものね。。
ひとえにこぎんさんのお人柄の故ですよね。。
バーチャルな世界でのお付き合いだったのに、
リアルな世界と同じくらい、もしかしたら、それ以上、
こぎんさんがいなくなってしまったことが、
悲しく、いつまでも受け入れ難いものであることに、
それだけ、こぎんさんの存在は大きく、大切なものだったのだと痛感します。
やわらぎさんのお言葉で、こぎんさんがこの記事を読んでくれたかな~って、感じられました。ありがとうございました。
by ぴい (2012-07-07 23:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0